NPO湿潤治療(モイストケア)を推進する会

facebookもご覧下さい
2013/11/14(木曜) 16:41

『モイストケア』ブランディング

投稿者: 
このアイテムを評価
(0 件の投票)

先週「晩秋の様相を呈して〜」などと書きましたが、今週はもう「真冬の様相」が相応しくなって参りました。ヤケドとともに手荒れ、乾燥肌対策も必要ですね。まあ、我々は「ワセリン」という万能薬(?)を知っているので対処法に関しては問題ないと思いますが・・・。
 さて、巷では「湿潤治療」を「湿潤療法」「うるおい療法」「閉鎖療法」「モイストヒーリング」等々、様々な呼び方がされています。
私どもが会の名称を考えたとき、どの言葉が一番わかりやすいか?と考えた末に決めたのが『モイストケア」でした。
多分、現在一番知られているのは「湿潤治療」「湿潤療法」であると思われます。しかし「しつじゅん」って、とっても言いづらく、初めて聞く人にとっては文字を見るまでわかりにくい「語音」と感じました。また、「療法」というと、若干仰々しいイメージがあり、そして「モイストヒーリング」に関してはなんとなく“スピリチュアルなイメージと、ちょっと単語が長い・・・。はっきり言って一番ポピュラー(?)な「湿潤治療」という言葉自体も一般には知られていない状況を考えると、いっそのこと新たに響きの良い、覚えやすい言葉を定着させてしまいたいということで、NPO事務局内、侃々諤々、大議論の末(!?)「モイストケア」に決定させていただきました。
ぜひこの『モイストケア」という言葉が『ブランド」として一人歩きができるような状況になることを願うとともに、皆様の『モイストケア」普及活動へのご協力をお願い致します!

3426 回読まれました