NPO湿潤治療(モイストケア)を推進する会

facebookもご覧下さい

NPO活動 (52)

「湿潤治療(モイストケア)を推進する会」の活動報告です。

2016/10/14(金曜) 12:52

会員の活動紹介-20

投稿者:
今月は群馬県太田市にある鹿山整形外科の副院長、鹿山富生先生にお話しを伺いました。
2016/09/01(木曜) 14:01

会員の活動紹介-19

投稿者:
今回は常盤台病院にお勤めの小林宏之看護師にお話しを伺いました。 - 看護師としてのキャリアを教えてください。 高校を卒業して看護学校に通い、そのまま地元福岡の病院の正看護師として仕事に就きました。そこで6年ほど勤務した後、2002年に東京の病院に移り、いろいろな現場を経験しながら2009年くらいから褥瘡患者のケアをすることが多い病棟での勤務をしています。 - 湿潤治療を知ったのはいつ頃ですか? 2012年の末頃だったと思います。もちろんそれまでに学校などで習ったこともありませんでしたし、湿潤治療で処理する医師に就いたこともありませんでした。少し前に「ラップ療法」という名前だけは聞いたことがあったようには思いますが、あくまでも“聞いたことがある”程度でした。 - 具体的にはどのような状況で知ることになったのですか? 日々、現場で褥瘡の処置をしているのですが、なかなか治っていかないわけです。ただ、正直申し上げて終末医療的な患者さんも多く、栄養状態や回復力に限界があるような方も多かったのでそれが当たり前でしょうがないものだと思っていたのですが、実際の処置をしている中で何かもっと良い方法がないものかと・・・。そんな時、ガーゼを使わない処置の仕方があることを耳にしたんです。ただしその時点ではどんな素材が良いのかわからないので色々と調べてみました。その時に夏井先生のサイトに辿り着いたんですね。 ただ、私は看護師の立場ですから勝手に治療法を変えることなど当然できることではありません。 - 担当の医師に相談するのも難しい? そうですね、正直それはかなり勇気がいることだと思います。 ある時、何気なく医師に湿潤治療の話を振ったこともあったんですが、やはり否定されてしまったので悶々と従来の治療のままを行っていました。 ただ、日々のケアの中でせめてガーゼに替わるもので何か良い素材がないものかと探すような毎日でした。 そんな時に「湿潤治療(モイストケア)を推進する会」が設立されたことを知り、早速入会したんです。そして2014年の秋に行われたフォーラムに参加させていただきました。その時、出席された上條看護師や同じような経験をしている看護師さんたちといろいろ話ができ、アドバイスをいただき、ちょっと前向きに考えることができるようになりました。 そしてその少し後の2015年の初冬にある患者さんの褥瘡の具合がひどくなり、どんどん広がっていってしまったんです。何をやってもダメで文字通り手の施しようがないというか・・・その時、師長さんが最後の手段として湿潤治療でやってみようという決断をしてくれたんです。そして私がその処置を担当することとなりました。そうしたら目に見える形で効果が出てきたんです。そこから他の患者さんにも試してみようということで徐々に湿潤治療を広げていくことが出来ました。そんな状況を師長さんが担当の先生に報告し、強く押してくれたこともあり、結果も出てきていたので通常の治療としての許可が降りることとなりました。 - ご自身で処置を行って行く中で不安はありませんでしたか? 自分も最初のうちは恐る恐るという状態でしたが、かなり深い褥瘡がびっくりするくらいきれいに治ったりしているのをみて、改めて湿潤治療の効果を感じることができました。また、フォーラムで知り合った看護師さんや上條看護師に相談できたことが大きな力になっていますね。 私が勤務している病棟では高齢の褥瘡患者さんが多いので、かなり深い褥瘡の方も多く、中には骨まで露出してしまっているような患者さんもいたんです。その方は体力的にも回復が見込めないような状況だったんですが、湿潤治療で創部が回復していく様子がみられたことは本当に驚きました。今までだったらどんな(高価な手段を使った)治療をしても回復の見込みがないような創部が穴あきポリ袋で完治してしまうのは驚きですよね。それまで教科書で習ってきたことって何だったんだろうなと思います。 実は看護師よりも介護士さんの方が湿潤治療を受け入れやすいように思います。医師もそうなんでしょうけど、看護師など専門的な勉強をしている人ほど湿潤治療を受け入れにくい傾向があるように思います。確かに頑になるのはわかるんですよね、高いお金出して一生懸命勉強して時間をかけて資格を取って・・・それが消毒もしない、水で洗っておけば良いって言われちゃうと・・・全て役に立たなくなるワケだから・・・(笑) - 湿潤治療を広げるために何かヒントになるようなことや伝えたいことはありますか? 介護の現場に於いては予算の関係でなかなか湿潤治療専用の被覆材が使えない問題もあり、穴あきポリ袋などを利用して処置していることが殆どです。もし、食品用ラップや穴あきポリ袋と同じ様なものを『医療用』として安く販売してくれれば最適なんですけどね・・・。 それから私のように一人で悩んでいる看護師さんや介護士さんなども多いと思うんです。私はこの会に入ってフォーラムに参加したことで多くの仲間と知り合うことができ、励まされたことで湿潤治療を活かすことができました。なので、ぜひ会に入会したり、SNSなどでコンタクトを取って仲間を増やしてみることも良いのではないかと思います。 また、ぜひ光が丘病院に見学に行って上條看護師の話を直に聞いたり、治療の様子を見学することも良いのではないかと思います。 常盤台病院 http://www.tokiwadai-hosp.jp/
6月11日(土)に東京都世田谷区経堂にある生活クラブ生協世田谷センター様にお声かけを頂き、湿潤治療の講習会を開催する事ができました。 ”知っていると人生が変わる!?「モイストケアを学ぼう」”と題した講習会では、生活クラブ生協の組合員や友人の方が参加可能ということで、講座室には子供連れの若い方から年配の方まで、定員いっぱいに受講者が集まってくださいました。
講師は練馬光が丘病院傷の治療センターの上條裕美看護師。
夏井先生と共に行って来られた治療の例や患者さんに対する想いをお話いただき、後半の実技では、質問にも答えながら実際の対処方法をレクチャーいただきました。 終了後も、虫刺され後の傷のことなどを質問される方や幼稚園の先生で、保護者の方への説明の方法に悩んでいる方など、個人的にお話をいただいて、話をしやすい雰囲気の講習会となりました。
ご参加いただいた方からは、「言葉だけ知っていたけど、これで納得できたので、これからは迷いなく行える」「早速孫にも実践させたい」などの感想をいただきました。 知っているようで知らないところもたくさんの湿潤治療、たくさんの皆様に知っていただく機会を今後も作って行ければと思っています。
2016/07/25(月曜) 17:05

会員の活動紹介-18

投稿者:
今回は名古屋市昭和区の杉浦医院 院長、森 亮太先生にお話しを伺いました。 - 医師としてのキャリアを教えてください。 1998年に名古屋市立大学医学部卒業後、淀川キリスト教病院、名古屋市立東市民病院、国立療養所恵那病院(現市立恵那病院)、名古屋共立病院、第一なるみ病院を経て、2010年4月から杉浦医院の副院長として勤務し、2011年1月より院長を務めています。 - 湿潤治療を知ったのはいつ頃ですか? 恵那病院にいた時期の2002年だったと思います。そこに勤務していた整形外科の先生が夏井先生の講演を受けたことがありまして、その先生からキズの治療にこのような方法があると伺ったんです。それで早速自分でも夏井先生のホームページを見て、これは確かに良いかもしれないと思い、次の機会を待って私も夏井先生の講演を聴きに行きました。そこから確信を持って湿潤治療に取り組み始めることとなりました。 - それ以前、病院では全く湿潤治療は行われていなかったのですか? そうですね、実際に病院内で湿潤治療を行ったのは2003年からだったと思います。救急室で湿潤治療に対応できるシャワーの設置など、水洗いの設備を整える環境に致しました。 - 大きな病院などではすぐに切り替えるのが難しいということを聞くのですが、そのあたりは大丈夫だったのでしょうか? その少し前から鳥谷部先生のラップ療法が話題になっていた時期でした。私は外科医として勤務していましたが、褥瘡の治療にも関わっていてラップ療法を取り入れ始めた頃でもありました。そこで良い結果が出ていることも確認できていたこと、それと幾つかの外傷治療も湿潤治療を行ってキレイに治っていたこともあり、それほど大きな問題もなく切り替えることは出来ました。 また、最初に夏井先生の講演を聞きに行った医師と私2人で湿潤治療を薦めて行けたことも大きかったかもしれません。 - その他の外科の先生方も賛同いただけたのでしょうか? 反対される方はいませんでしたが、一部の先生は従来の治療を続けていたかもしれません。 実際、病院によっては医師によって治療の仕方が異なることは珍しいことではありません。個々の担当医師の裁量に任されているところも多いと思います。現に、私の知っているある大きな病院でも、救急センターは湿潤治療を行っている一方、別の部署では皮膚移植を行っているという状況です。 ただ、そもそも褥瘡で皮膚以下の筋膜や骨膜まで欠損していても、ラップ療法によって実際に治っている訳ですよね。ということは、どんなヤケドでも外傷でも基本的には同じ原理、経過をたどって治ることは確認できる訳です。それが傷が深いとか、ヤケドの場合は植皮で治すっていうのは全くナンセンスだと思うんです。 そして湿潤治療の素晴らしい所はまず痛みが少ないことですね。昔はガーゼをあてて、治療の度に剥がして血は出るわ、組織は壊れるわ、乾燥するので痛みも引かないのに比べて、痛くなくて、(被覆材を)剥がすのも簡単で、傷の治りも早く、跡も残りにくい・・・湿潤治療を経験すればすぐにわかるので従来の治療に拘る意味は全くないですよね。 - 湿潤治療を行っていて困ったことなどありましたか? 特別には思い出せないのですが、基本的に夏井先生に相談すればメールがすぐに返って来るので、あまり心配することなく処置出来ていたのだと思います。確かに何度かは困った症例があったとは思いますが、メールで画像を送ると即座に適切な処置を指示いただけていたので・・・。強いて言うと少し前に男の子が手にヤケドをして瘢痕化するのではと心配して相談したところ、「これは大丈夫」とアドバイスをいただいたことで冷静に治療に専念できた事などもありました。そういう意味では私にとっては夏井先生あっての湿潤療法と思います。 - 湿潤治療を普及させるためには何が必要でしょうか? 毎年、学生が実習に来ますので、その時には湿潤治療の講義をすることにしています。また実際の治療の現場でも治っていく様子を見せることで将来、彼らが外科や皮膚科に就いたときにこの経験を活かせてもらえればと思っています。毎年10人くらいの実習生が来るのでそれが10年経てば100人になる訳なので・・・・。 - 大学の医学部で湿潤治療は取り上げている様子はありますか? 基本的には教わってないようです。ただ、最近の教育では消毒しないことも取り上げられているようですが、その後の処置に関してはまだまだ遅れているようで、具体的な湿潤治療の知識を持っている人は少ないようです。消毒はしないけれど適切とは思えない軟膏やらクリームなどを塗ってガーゼをあてる、とか、ワセリンは塗る、だけどその上からガーゼをあてるなどの処置が行われるなど、間違った治療で湿潤治療の評判を悪くしている可能性があることが心配です。 - その他、何か伝えたいことなどありますか? インターネット上で当院を知って来る方も多いので、ネット上に情報を上げていくことの必要性を感じています。 また、湿潤治療をやり始めた医師の方々には積極的に夏井医師にコンタクトを取って湿潤治療を実践していって欲しいなと思います。 それから医師の方々も普段の生活でケガをすることがあると思うのですが、その時は実験を兼ねて自分の身をもって湿潤治療を体験して欲しいと思います。それを経験すれば湿潤治療の正しさが即座に理解できると思いますから。 杉浦医院 http://www.yagoto-mori.com
2016/03/16(水曜) 10:54

学校での湿潤治療講習会

投稿者:
去る3月7日、千代田区立九段中等教育学校にて湿潤治療講習会を行いました。 千代田区の「健康・食育・体力向上プラン」という事業にもとづき、年に数回、保健関係の講演会等が実施されており、かねてより湿潤治療に理解のあった養護教諭の方から依頼をいただきました。
2016/02/03(水曜) 11:29

会員の活動紹介-17

投稿者:
今月は千葉市若葉区の小倉台福田医院 院長 福田世一先生にお話しを伺いました。 ー 医師としてのキャリアを教えてください。 平成14年、帝京大学医学部卒業後、腎臓内科に入局しました。そして平成23年4月から義父が開業していた「小倉台クリニック」に勤務し、翌年、「小倉台福田医院」を開院いたしました。 ー 湿潤治療を知ったのはいつ頃ですか? 研修医時代に、夏井先生のホームページを見て知りました。湿潤治療で傷がきれいに治ることに驚きと感動を受けました。当然ですが、大学病院で湿潤治療はしませんので、機会があれば湿潤治療を試してみたいと考えていました。 ー では実際にご自身で湿潤治療を始めたのはいつ頃からですか? 大学病院での研修も終えて某病院で軽度の創傷処置をする機会があり試みていました。経過も良かったので、現在の勤務先で本格的に行うようになりました。 ー 湿潤治療を始めた時点で不安はなかったですか? 基本的に怪我の患者さんに比べてヤケドの患者さんは症例数が少ないので、経験を積む頻度が少なく不安がありました。 ー 実際に自信を持てるまでにどのくらいかかりましたか? ある時、ひどいヤケドを負った患者さんが来院されたことがあります。開院して半年くらい経った頃だったと思います。両手をヤケドして感染も起こしてしまっていました。その時はかなり苦労しましたし不安もありました。夏井先生にメールでアドバイスを受けながら粘り強く治療を続けました。完治するのに1年近くかかりましたが、最終的に傷跡がわからないほどキレイに治すことができました。その経験があってかなり自信を持つことが出来ましたね。 ー 湿潤治療を行っていて気がついたことなどありますか? 先ほども申したように怪我の患者さんは多いため、怪我を湿潤治療で治す経験値は高くなりますが、熱傷の患者さんは怪我より症例数が少ないため、経験値を高めるのが難しく、感染の合併症など不安を抱えながら治療をしていく怖さを感じる医師は多いと思います。その怖さから従来の乾燥治療から離れられないところもあるかもしれません。 ー 湿潤治療を普及させるためには何が必要でしょうか? 情報発信をしていくことが大事だと思っています。その意味もあって当院のホームページでは湿潤治療による治療経過を写真掲載しています。あとは創傷被覆材が保険を利用して患者に安価で渡せるようになればもっと普及するのかもしれませんね。 小倉台福田医院 http://oguradai.juno.bindsite.jp
第二回モイストケアフォーラムでもテーマとして取り上げるフレミングの論文(英語)です。 芝浦スリーワンクリニックの望月先生が講習会でも紹介されていました。 ぜひご一読ください。 論文はこちら
2016/01/07(木曜) 09:07

会員の活動紹介-16

投稿者:
今月は和歌山県田辺市で開業されている「赤ちゃんとこどものクリニックBe」院長 番 浩 先生にお話しを伺いました。 ー 医師としてのキャリアを教えてください。 1986年、神戸大学医学部卒業後、和歌山医大の小児科に入局しました。 その後、海南市民病院、社会保険紀南病院、医療法人榎本産婦人科を経て2012年6月に当クリニックを開院致しました。 学生の時に臨床実習を巡っている中で、最初は外科系に進む予定だったのですが、小児科を目指すようになりました。 大人の病気を診るよりも未来の希望である赤ちゃんや子供を診ることに惹かれていったのかもしれません。 ー 湿潤治療を知ったのはいつ頃ですか? よく覚えてないんですが、たぶん10年くらい前になると思います。 おそらくネット上で湿潤治療のことは知っていて、夏井先生の講演をどこかの学会で聞いた後、夏井先生のホームページや著書で深く勉強するようになりました。 それ以前は大学の授業でも勤務先の臨床現場でも湿潤治療を習ったり、処置を行うことは全くなく、当然、存在さえも知りませんでした。 ー 実際に湿潤治療を始めたのはいつ頃からですか? その当時は総合病院の小児科に勤務していたので外傷の患者を診ることはほとんどありませんでした。 たまに小さい怪我とか、知り合いが怪我した時などに処置を行っていた程度です。 次に勤務した榎本産婦人科ではホームページなどに載せたりして積極的に行うようになりました。 ここは院長と二人体制だったのですが、自由にやらせていただきました。 ー 湿潤治療を行う上で不安はなかったですか? 小児科や産婦人科だったのであまり大きな怪我で来院する患者さんもなく、幸いなことに擦り傷や小さなキズ、深くないヤケドばかりだったこと、また、処置を行ったキズがトラブルを起こすこともなく、すべて順調に治療ができていたので徐々に自信を持って行うようになれました。 クリニックを開院してからは湿潤治療を求めてくる患者さんが増えてきたのでスタッフに向けての勉強会なども開いています。 ー 周りにもたくさんのクリニックがあると思うのですが、湿潤治療を取り入れようという雰囲気はありますか? 小児科の集まりなどでは症例の報告や情報交換などもしていますが、残念ながらあまり多くは聞かないですね。 私はもともと新しいことをやるのが好きなで、「誰もやっていないからやってみようか」っていうタイプなんです。だから湿潤治療にも興味を持ったわけなんですが・・・。 ー 湿潤治療を普及させるためにはどのようなことが必要だと思いますか? 自分の周りには目に見えて反対する方などはいないように思いますし、講演会などを聞かせることができればガラッと変わることもあるかと思うんですけどね・・・そういう研修を聞く場を作れれば多少なりとも効果はあるようには思います。 ただ、講演会開催にあたっては協賛なり、スポンサーが付かないとなかなか開くことが難しいので、そのあたりの問題が大きいのかもしれません。薬関係の講演会は多いんですけどね(笑)。 ー その他、訴えたいことなどありますか? 小児科を掲げていますが、もちろん大人の方の湿潤治療も行いますので治療を受けたい方はどうぞご来院ください(笑)。 それから、診療材料(被覆材等)に関してなんですが、保険を利用してお持ち帰りの分を渡せるような状況になると良いのかもしれませんね。 「赤ちゃんとこどものクリニックBe」 http://akakodo-be.jp/moisthealing.html
第二回 モイストケアフォーラム 主催:NPO 湿潤治療(モイストケア)を推進する会 日時:2016年2月6日(土)15:00 ~ 会場:ちよだプラットフォームスクウェア 会議室504 住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21(地下鉄竹橋駅徒歩2分) 第一部 湿潤治療講習会 【対象:一般市民向け(医療関係者の参加も可)】 痛くなくキレイに治る新しい傷の治療法「モイストケア(湿潤治療)」の原理や仕組みを分かりやすく解 説します。また家庭内にある材料で可能な処置、災害時のファーストエイド等も実技を交えて行います。 ●参加費:無料 定員60名(先着順) 15:00 開演(14:40開場) 講師:芝浦スリーワンクリニック 院長 望月吉彦先生 15:50 実技実習 講師:練馬光が丘病院 傷の治療センター 上條裕美看護師 16:30 終了 第二部 モイストケアフォーラム 【対象:医療関係者、NPO会員(当日入会可)】 『創傷治療の未来を“切り開く”』 ~ペニシリンを発見したフレミングは100年前にすでに消毒を否定していた!~ ●参加費:非会員¥2,000・会員¥1,000 定員50名(先着順) 17:00 開演 パネルディスカッション ~ 意見交換会 ♢パネリスト・NPO湿潤治療(モイストケア)を推進する会 会長 伊藤喜亮先生(きよすクリニック)・芝浦スリーワンクリニック 院長 望月吉彦先生・練馬光が丘病院 傷の治療センター 上條裕美看護師 困っている症例大歓迎! パネリストが疑問・質問ににズバッと答えます。創傷・熱傷・褥創など、難治性症例…
2015/12/04(金曜) 12:30

会員の活動紹介-15

投稿者:
今月は東京都日野市で開業されている「望月医院」院長 望月護先生にお話しを伺いました。 ー 医師としてのキャリアを教えてください。 昭和59年に弘前大学医学部を卒業しまして同大学付属病院で勤務しました。それから25年間、青森を中心とした北東北の幾つかの病院の勤務医を務めました。そして平成17年に地元の日野に戻り、親が開業していた望月医院を継ぐことになりました。 ー 湿潤治療を知ったのはいつ頃ですか? 平成14年7月に当時勤務していた病院で同僚の外科医が夏井先生の講演を聴いてきて、それが切っ掛けで知りました。それ以前は全く湿潤治療のことは存じませんでした。その後、自分自身も夏井先生の講演を聴きに行きました。 ー 同僚の方から最初に湿潤治療の話を聞いたとき、望月先生ご自身はどう思われましたか? 皆目わからないけれども、まあ、新しい治療なんだなと。ただ納得は出来るけれど、現場ですぐには取りかかれない複雑な事情もありますから・・・。その後、私自身が直接夏井先生の講義を聴くことによって確信は出来ました。 ー 当時の勤務先で湿潤治療は認められたのでしょうか? いや、当時の上司からは許可が出ませんでした。同僚の彼は比較的新しいことを積極的に取り入れる人間で、湿潤治療のマニュアルを作ったりしていたのですが、さすがに一回り年上の上司の意見を覆すことは出来なかったですね。時にはヤケドの患者さんの治療で口論になることなどもありました。 私もその時点では湿潤治療が正しいと思っていたので消毒を止め、生食(生理食塩水)で洗う治療を行っていました。 暫くしてその上司が転勤になり、私がトップとなったので湿潤治療に全面的に移行しました。 ー 同僚の医師やスタッフの方々の反応はいかがでしたか? 既に一部では湿潤治療を行っていたこともあり、スタッフもその傷の治り方を見ていたし、また、実際に導入するとケガの治りの早さが一目瞭然なので全く問題なかったですね。 ー 湿潤治療を行い始めて何か感じたことはありますか? 初めて湿潤治療を受けた患者さんが治りが早くて驚かれることが多いですね。また、顔のケガなどは特に傷跡が残らずキレイに治るので効果が大きいと思います。 それから、少し前のことですが、膝に重度な皮膚欠損を負ってしまった若い女性の患者さんを診たことがありました。あまりに重症だったので夏井先生を紹介し、処置をしていただき、その後の治療を私が行っていたのですが、無事に完治させることが出来ました。普通の大学病院に行ったら間違いなく皮膚移植されているであろう状態だったのですが、湿潤治療だけで十分対応できることを確認できました。 ー 先生のこの地域に於いて湿潤治療の知名度はどの程度と思われますか? いやぁ、まだまだ知られていない気がします。私はこの地域の医師会の理事を務めているんですが、湿潤治療を行っている所も殆ど無いように思います。 因みに医師会のホームページにコラムを書く欄があるのですが、本年の5月に湿潤治療について書かせていただきました。しかしどの程度の方に読んでいただけているのかは・・・?(笑) ー 湿潤治療を普及させるためにはどのようなことが必要だと思いますか? 今の私のように開業医であれば自分の責任で行えるので簡単ですが、勤務医という立場はなかなか難しいですよね、一人でやっているわけでは無いので・・・一番上の上司の理解が無ければ無理ですから。 そういう意味では一番難しいことでしょうが、トップの意識改革ができれば手っ取り早いんでしょう。 あとはマスコミを巻き込んだり、外国からの圧力が必要なのかもしれませんね。 望月医院 http://www.mochizuki.com/clinic 医師会に掲載されている望月先生のコラム http://hino-med.or.jp/medicalinfo8.html
1 / 4 ページ