NPO湿潤治療(モイストケア)を推進する会

facebookもご覧下さい

事務局

昨日、稲城市の稲城第4小学校において第2回目のモイストケア講習を吉祥寺病院、岡崎看護師のもとに行いました。
岡崎看護師は当会発足時よりボランティアとして積極的に当会の活動を支えていただいている看護師さんです。

受講者は主に児童のお母様たちと、近隣の養護教諭の方々でした。
ほとんど方は湿潤治療に関しては詳しく知っておらず、講義を真剣な眼差しで受講されていました。
担当の養護教諭のお話によると、手足のすり傷は日常茶飯事のことであるのですが、特に小学生のお子さんたちは手をつかないで顔面をケガすることが多いとのこと。
そんな事情もあってか、女の子を持つお母さんにとっては強い関心を持たれていたような気がします。

よく話題にも出るのですが、いくら養護教諭が湿潤治療を施しても、消毒もせず、ラップを貼って帰ってくる子供を保護者が理解できるのか?という点に大きな問題もあり、かつ、学校側の理解を得るのも大変ということもあるようです。
今回は、校長先生自らも講習に参加され、深くご理解をいただくことができました。

今後もこのような教育機関での活動を続けていき、より多くの学校でモイストケアの理解と普及に貢献して参りたいと願っています。

モイストケア講習の募集は常時行っておりますので、お気軽に当会までご連絡ください。

稲城1稲城2

昨日、NPO発足後、第一回目のモイストケア講習会を小平私立保育園協会主催にて開催致しました。
受講者は保育園の養護教員と保育士の皆様約40名で、講師は練馬光が丘病院で夏井先生の右腕として活躍されている看護師の上條さんにご協力いただきました。
上條さんは当会の発起人でもあり、たぶん日本で・・・いや、世界で一番、湿潤治療の処置をされている看護師さんではないでしょうか!?
湿潤治療の原理、消毒による創面へのダメージ、処置の具体的方法などスライドに沿ってとてもわかりやすく説明していただきました。
保育の現場で日常的に起るケガやヤケドの処置に少しでもお役に立つことができれば幸いです。
受講された皆様はどんな感想をお持ちになられましたでしょうか?ぜひコメントをお寄せください。

このような講習会のエントリーは常時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

小平講習1小平講習2

2014/02/07(金曜) 00:03

モイストケア講習

先般募集したモイストケア講習会に4件ほどの応募があり、下記スケジュールで実施致します。(一件は日程調整中)
今年度(3月末)までの開催は一旦閉め切らせていただきますが、5月以降に実施を希望される方には引き続き受付を行っておりますので、当会までお気軽にお問い合わせください。

なお、3月8日(土)に行われる講習会は一般の方の受講参加を受け付けております(但し練馬区在住者のみ)。
参加ご希望の方は下記お問い合わせ先に連絡願います(当会では受け付けておりませんのでお間違いなく)。

日時:2014 年2月13日
主催:小平私立保育園協会(協力:白梅保育園)
行事名:モイストケア講習会
会場:小平市中央公民館
参加対象:関係者のみ(クローズ)

日時:2014 年3月6日
主催:稲城市立稲城第四小学校
行事名:学校保険委員会
会場:稲城市立稲城第四小学校 
参加対象:校内行事(クローズ)

日時:2014 年3月8日(土)
主催:練馬キングス・ガーデン デイサービスセンター(委託事業)
行事名:練馬区 家族介護者教室
「ご家庭で役立ちます〜すり傷・やけどに有効な湿潤治療法」
会場:練馬キングス・ガーデン デイサービスセンター
参加対象:練馬区在住者
*参加希望者は下記までお問い合わせください。
練馬キングス・ガーデン デイサービスセンター
03-5399-5315
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
(担当:太田)  

財形福祉協会の会報誌、1月号に夏井先生の取材記事が掲載されました。
財形福祉協会に許可をいただきアップさせていただきました。ぜひご覧ください。 
湿潤治療に至るまでの経緯が簡潔にまとめられており、湿潤治療のロジックを説明する良い資料となると思います。

財形夏井-1

財形夏井-2

財形夏井-3

2014/01/10(金曜) 13:37

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

 昨年は本格活動(NPO法人)に向けての準備の年でしたが、4月からはより責任の重い「法人格」としての活動となります。
会員の皆様のご期待に添えるよう、スタッフ一同、モイストケア普及に努力して参る所存です。
何卒一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、年始の産経新聞の東北版にanziana提供枠に於いて当会の広告を掲載いたしました。
ご覧いただけましたでしょうか?

 なお、年末に募集致しましたモイストケア講習会ですが、数件の問い合わせをいただき、現在、日程や内容の調整を行っております
引き続き4月以降開催の講習会募集も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

皆様の更なるご協力をお願いいたしまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。

産經新聞東北

2013/12/19(木曜) 16:04

記事掲載

一般社団法人財形福祉協会の会報誌に湿潤治療と当会の紹介記事が掲載されました。

WEB掲載の許可をいただいたので、よろしければご覧ください。

(一般社団法人 財形福祉協会「財形福祉」12月号より http://www.zaikei.or.jp/index.html

 

財形掲載2財形福祉表紙

中日新聞(東京新聞)12月10日発行の朝刊、生活面に湿潤治療と当会の紹介記事が掲載されました。
NPO事務局には朝から記事を見た方からの問い合わせが多数入りました。
電話の内容は、湿潤治療行っている最寄りの医療機関の照会、湿潤治療材の質問や販売先が主でした。
また、一年以上キズが治らず、何件も病院を変え、様々な軟膏を塗っていたが未だに完治しないなどの相談などもありました。 
たくさんの電話をいただいたことで改めて当会の存在意義が確認できたように感じました。

「湿潤治療」という言葉を知らなければ、この会や夏井先生のページにも到達できず、また、この治療法の存在さえ知らない方はまだまだ多いことでしょう。
最近メディアで多く流れている「自転車のルール改正」や「オレオレ詐欺注意!」にしても十分に到達できていないことを見ると「情報」を伝えることがいかに難しいかを実感します。
私たちも精一杯がんばって参りますが、ぜひ皆さんも「モイストケア(湿潤治療)」の情報拡散にご協力をお願いします。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2013121002000145.html

2014年の活動の一環としてモイストケア出張講習会、講演会の募集をいたします。

皆様の地域で行われるの様々なイベントのプログラムに当会が行うモイストケア治療講習会や講演会をブッキングしていただきたけませんか?
具体的に申し上げますと、例えば・・・
1)医療施設、介護施設における、医師、看護・介護職員へ向けての研究会、勉強会
2)自治体や保険組合、医療機関が行う保険衛生講習会など
3)教育機関(学校、保育園、幼稚園、児童館、PTA会合)で行う児童、生徒、保護者に向けてのセミナー(治療講習会、講演会等)
4)町内会イベント、文化祭、スポーツ競技会、防災イベント、ママさん(育児)サークル活動でのイベント
5)企業主催の講演会、CSR活動プログラム、厚生福祉イベント、組合主催イベント
などです。
対象によって、それぞれ医師、看護師、介護職員の派遣を行います。

誰にでもできる簡単な治療が「モイストケア」ですが、希に間違った方法で行われることで、「モイストケア」のイメージを損ねてしまうことを防ぐため、正しい治療法を身につけていただきたくための講習会です。
また、その際はその地域でモイストケアを行っている会員の皆様のお手伝いを希望いたします。
必要であれば主催者との交渉や制作進行は当NPOの担当者が行いますので、情報提供や、ご紹介だけでも結構です。
なお、講師にお支払いする謝礼、交通費、テキスト準備費などのご予算をご考慮いただきたくお願いいたします。
詳しくはお気軽に当NPOまでご相談ください。

2013/12/01(日曜) 11:13

データベースの構築

今はまだ準備中ですが、来年早々には湿潤治療を行っている医療施設、介護施設、薬局などの一覧表を掲載する予定です。
夏井先生のページにはすでに同様なページがありますが、そこに掲載されている以外の施設をもカバーしたいと思っています。まだ世の中の医療機関(病院、医院)にはインターネットを(積極的に)活用していないところも多数あり、そのような施設へのモイストケアの普及協力、そして当NPOの参加を呼びかけて参りたいと思っています。
しかし、全国の該当施設の数はとても膨大で、ネットを活用していない施設だからこそ、そこへの情報提供は大きな労力(事務、通信費等)がかかる上、また、ネットは繋がっていても、メールでの情報受信をシャットアウト(迷惑メール扱い)されていることが多いのが実情です。
そこで、当会員やこのWEBをご覧になられている方々にぜひご協力いただきたいのが、皆様の各地域や所属組織への働きかけや、情報提供などです。当会の存在を伝えていただく事、また逆にこの施設はモイストケアを行っている、自分の組織のトップはモイストケアに理解あり、そこへアプローチすれば広く情報が行き渡るなど、皆様の持っている情報を共有させていただきたいのです。その他、参加されているSNSやブログでの情報拡散も希望しますし、そのためのアドバイス等あればぜひご提案ください。
また、当会のホームページにある医療施設向けのアンケート(データベース用)は会員のみの対象ではありませんので、まだ記入されてない施設の方はぜひご記入ください。決して入会を規定している物ではありません。
モイストケア普及のため、皆様のご協力をお願い致します。メール、電話等でのアプローチをお待ちしています。

NPO発足記念講演会
『パラダイムシフトは何時起こる? 今でしょ!?』報告


昨日大盛況のうちに無事終えることができました。
出席いただいた皆様に改めて感謝するとともに、鳥谷部先生、夏井先生、ご苦労様でした。

お二方の講演は同じ湿潤治療といえどもそれぞれの事情が異なり、処置の仕方に関してはひとくくりにはできないことがよくわかりました。
またお二人ともユーモアも交えた面白いお話が多く、専門外の人間でも充分楽しめる(?)内容ととなっておりした。
特に夏井先生の講演で使われる症例写真は、会場から多くの響めきが上がるほど衝撃的で、今までの治療方法は何だったのだろうと会場内の多くの人が感じられたことではないでしょうか?


懇親会では和気あいあいとした雰囲気の中、ラップ療法、湿潤治療をほぼ偶然同時期に始めたお二人の興味深い対談も盛り上がり、あっと言う間の2時間を終えることができました。


第一回目のイベントということで運営進行には多々反省点がございますが、皆様はどう感じられましたでしょうか?
よろしければ、ぜひ皆様の感想をお寄せください。
また、至らないことや気がつかないこともあったと思いますので、ご意見いただければ幸いです。
重ねて、出席された皆様がさらにモイストケアの普及の宣伝マンとなって活動いただくことを希望致します。


最後に、ご多忙のところ遠路から駆けつけていただいた発起人のきよすクリニック・伊藤先生をはじめ、エルファーロ・山本先生、監事・横溝先生、そして看護師・上條さん、ありがとうございました。
併せて講演会に協賛いただいた白十字(株)様、(株)瑞光メディカル様に御礼申し上げます。