NPO湿潤治療(モイストケア)を推進する会

facebookもご覧下さい

「あっ」と思った時のファーストエイド

ケガやヤケドは初期対応によってその後の治癒にも影響が出てきます。「あっ」と思ったら、ぜひ以下のファーストエイドを参考に初期対応をして、医療機関にかかるなど適切な対応をとってください。

ヤケドをしたら

  1. ヤケドした部分を冷やします。

    水で流しながら冷やすか、水に濡らしたガーゼやタオルを当てて冷やします。 冷やす時間は5分程度でじゅうぶんです。

  2. 水ぶくれができてしまったら、可能であれば清潔な針やゼムクリップ、ハサミなどを用いて水ぶくれにたまった液を排出させます。

    自分で水ぶくれを取り除いたり破いたりするのが怖い時は医療機関を受診してください。

  3. キズの周囲を洗ったら(もしくは拭いたら)、ラップをキズよりも少し大きめに切って、白色ワセリンをラップに塗って、塗った面をキズに当てます。

    ラップは有っても白色ワセリンが無い場合にはラップだけ貼りましょう。
    ラップが手元に無い場合は、コンビニのレジ袋や、未使用のゴミ袋・包装素材のビニール袋等で代用も可能です。

  4. キズにラップを貼ったら、周りをテープや絆創膏等で固定します。

    キズぐちから浸出液(ジュクジュクした水っぽい物)が出てきますので、浸出液が漏れ出るくらいの固定で大丈夫です。
    ※ラップの周囲から浸出液が漏れ出ないようにピッタリと固定すると、蒸れ、かぶれを起こしやすくなってしまいます。

  5. 小さいヤケドや水ぶくれの無いヤケドなら、貼ったラップの上を直接包帯で巻きます。

    水ぶくれが既に破れているヤケド、広い範囲のヤケドの場合には浸出液が多くなるので、漏れ出た浸出液を吸い取るため、ラップの上にガーゼやタオルをかぶせてから包帯を巻きます。